ドコモから他のキャリアや格安スマホに乗り換える方法について紹介しています。ドコモで機種へ、他の大手に乗り換え、格安スマホへの乗り換えと方法はいくつか選べますがどれがお得か紹介しています。

ドコモから乗り換える方法

ドコモから乗り換えたときのキャッシュバックは最近は多くない


■ 他社への乗り換えへのメリットは少なくなった

以前、多額のキャッシュバックやゼロ円端末などの目玉商品によって、他社への乗り換え競争が激化した時期がありましたが、今は本当に沈静化しました。

その理由は、総務省の指導です。

行き過ぎたキャッシュバック競争に歯止めがかかったのです。

その結果、一括ゼロ円、実質ゼロ円、家族で乗り換えると最大20万円のキャッシュバック、といった乗り換えた方が「もうかる」異常事態はなくなりました。

健全な競争になっています。

だって、このように端末をただでもらって、さらにキャッシュバックで「もうかる」なんてあり得ないことです。

このようなお金はどこから出ているかと言えば、同じ携帯電話会社を使っているまじめな利用者の利用料金なのです。

他社に乗り換える人の方が儲かるなんて不合理ですよね?

ということで、総務省の指導でこのような不当な乗り換えを促すことはできなくなりました。


■ 格安スマホのキャッシュバックが少ない理由

このように、大手3社の間での乗り換えがあまりおいしくなくなった今、スマホ代金をお得にするなら格安スマホへの乗り換えが有効です。

ところが、格安スマホはもともと、料金が「格安」なのがウリです。

安い料金で使ってもらえるように、各社が経営努力をしています。

大手の携帯電話会社に比べると、月額4,000円ほども料金が下がるわけですから、年間で48,000円も下がるのです。

それだけでも魅力的なのです。

安い上にキャッシュバックなどしようものなら、それこそ経営を揺るがしかねません。

ということで、格安スマホにはキャッシュバックというサービスはほとんどありません。

ほとんどないんですが、少しあります(笑)


■ 格安スマホのキャッシュバック

とはいえ、格安スマホにキャッシュバックという現金での還元はほとんどありません。

ですが、通信量や端末代金の割引といったサービスをしているところはあります。

マイネオが1年間、月々900円の割引をしている

というのも割と大きな値引きです。1年間で1万円以上になります。

UQモバイルやワイモバイルが1年目の料金を毎月1,000円引きにしています。年額で12,000円割引です。

他にも、フリーテルがやはり1年目の料金を毎月1,000円引きしています。

気をつけたいのは、割引対象は通話を含んだものか、コミコミプランと呼ばれる、ある特定のプランだけだということです。

こういった条件があることは1年限りであることを忘れないようにしましょう