ドコモから他のキャリアや格安スマホに乗り換える方法について紹介しています。ドコモで機種へ、他の大手に乗り換え、格安スマホへの乗り換えと方法はいくつか選べますがどれがお得か紹介しています。

ドコモから乗り換える方法

docomoからの乗り換えで料金は4,000円ほど下がる


■ 格安スマホに乗り換えるとどのくらい安くなる

格安スマホに乗り換えるとどのくらい安くなるかご存じでしょうか?

大手の携帯電話で標準的と考えられる、月の通信量が2GBで、5分間かけ放題のプランに入ると、docomoでは

5分かけ放題:1,700円
2GBの通信量:3,500円
ネット接続:300円
---------------------
合計:5,500円

となります。

これは通話と通信の料金ですので、
端末を購入する人はこれに端末代金が加算されます。

端末代金は機種によりけりですが、
24回払いで月額3,500円〜4,500円のところ、

端末の割引サポートが付くので、
実質だいたい500円〜1,500円という
ところでしょう。

そうすると端末代込みの料金は
月額7,000円ほどになっている
人が多いと思います。

格安に乗り換えるとき、端末はそのまま
利用する方法が利用することができます。

例えば、docomo端末もau端末もどちらも
使えるマイネオの場合で考えてみると、

3GBデータ量+通話:1,600円
通話料:(通話時間に応じて)

という料金になります。

通話料金は30秒20円という料金です。
ほとんど通話をしない人なら
月額は1,600円になります。

通話しない人だと、
docomoなら月額5,500円だったものが

格安スマホで月額1,600円になり
月額で4,000円も安くなるのです。

なかなか魅力的な値下げではないでしょうか?


■ docomoからの乗り換えで注意すること

格安スマホにして料金が下がるのは
誰にとっても喜ばしいことでしょうが、

何もデメリットがないのかというと
そういうわけではありません。

残念ながら、安い分だけ少々デメリットは
受け入れないといけません。

そのデメリットとは2つです。

1. docomoのメアドが使えなくなる
2. 通信速度はdocomoより遅い

docomoを使っているときは、
@docomo.ne.jpというメアドが
利用できると思います。

このメアドは使えなくなります。

その代わりに、iPhoneならアップルが
アンドロイドならグーグルが提供する
メアドを利用します。

これをお友達に連絡して切り替えてもらう
必要があります。

それともう一つは、通信速度が
多くの格安スマホでdocomoほどは
速くないことです。

遅くて使えないということはもちろん
ありませんが、混み合う時間帯では
やや不満に思う場合もあるかもしれません。

その点でも、スピードが安定している
格安スマホを選ぶことは大事です。

マイネオやIIJmioなど、比較的
安定しているサービスはありますので、
どこを選ぶかは大事です。