ドコモから他のキャリアや格安スマホに乗り換える方法について紹介しています。ドコモで機種へ、他の大手に乗り換え、格安スマホへの乗り換えと方法はいくつか選べますがどれがお得か紹介しています。

ドコモから乗り換える方法

docomoから乗り換えのでは違約金と端末の残債に要注意


■ docomoから格安への乗り換えの解約料

docomoのスマホや携帯電話をお使いの方が、格安スマホに乗り換えようとする場合、気になるものの一つに違約金があるでしょう。

ほとんどのところは「違約金」と呼ばずに「契約解除手数料」との名称で呼んでいて、違約金のような違反金のイメージを出さないようにしていますが、

本来利用して欲しい期間内の解約がされにくくするための対策ですね。

docomoの場合は、契約解除手数料は9500円です。

ガラケーから乗り換える場合など、契約期間によってもっと少ない場合もあるのですが、スマホを利用している場合ほとんどこの料金になるでしょう。

安くない金額ですね。スマホを乗り換える際の障害の一つと言えます。

ただ、考えようによってはこの料金を払ってもやめてもよいのです。


■ 違約金の9500円はすぐに元が取れる

docomoのスマホをお使いの方が格安スマホに乗り換えたら料金はどのくらい下がるでしょうか?

使っているプランにもよるのですが、動画をバンバン見るなど大容量の通信量を使っている人でなければ、だいたい端末代金を含めて7000円台くらいの支払いだと思います。

そんな人が端末をそのままに格安スマホに乗り換える場合は、通話できるプランで契約しても月額1600円程度です。

格安スマホのプランでは、通話料金は通話した分だけ払うプランが主流ですので、これに通話料がかかります。

仮に通話が少なく月に10分〜12分程度の通話とすると、それにかかる通話料金は500円ほどになり、月の支払いは2100円くらいになります。

となると大手の携帯電話会社との差額は5000円ほどになります。

使い方によって差はあるとはいえ、毎月5000円近くも下がるのであれば、9500円の違約金は2ヶ月もあれば元が取れる計算です。

2ヶ月はムリとしても格安スマホの契約にかかる手数料3000円も含めても3ヶ月程度あれば元が取れるのです。

そんな状況ですから、解約金恐るるに足らず、ってところだと言えます。


■ 端末の残債には気をつける

ただし、docomoから乗り換える際に端末代金の残債が残っていないか気をつける必要があります。

スマホの端末代金は24回払いにしている人が多いと思います。

大手の携帯電話では2年契約を前提に、端末代金を毎月割引するサービスがほとんどです。

これにより、実質的な端末代金は安くなっているのです。

ところが、端末の残債が払い終わってないういちに契約を解除すると、端末代金の残り分については毎月のサポートのない金額になります。

割引があれば、月額1000円以下くらいの安い支払いになっている人も、割引がなくなった時点で3000円〜40000円になる場合もあります。

端末の残債の支払期間を確認して、解約のタイミングを決めましょう。